胸を張って堂々と対処

電子消費者契約法についてのお話の続きです。
電子商取引での消費者側の操作ミス救済が、この法律により可能になったのですが、
その他に「契約の成立時期の転換」も可能になりました。
正式には「電子商取引などにおける契約の成立時期の転換」といいます。
通常の取引では、消費者の申し込みが事業者に届いた時点で契約成立となりますが、
電子商取引では、事業者の承諾の通知が消費者に届いた時点で
契約成立となることを定める法律です。
この法律が施行されたのは、パソコンや携帯を使ってのネットショップやサービスサイトでの
決済が増加し、パソコン操作に慣れない消費者の操作ミスから起こる事業者とのトラブル、
サービス内容の事業者側の説明不足や、消費者側の誤認識によるトラブルが激増したからです。
出会い系サイトを利用する前に、その登録方法、料金システムの確認、
サービス内容などが明確にされているかどうか、よく確認しておいて下さい。
最初は完全無料を示しておきながら、登録後に料金を請求された。
しかも、利用者に何の明示もなしに為された場合、この法律で商契約は無効になります。
つまり支払う必要がないということですね。
ですから、
「あぁ、請求されてしまった。これは支払わねばならないのか?」
「支払わない場合、法的に訴えるとメールしてきた。訴訟もするみたい…」
という不安に苛まれる必要がなくなるのです。
これは明確に法律で規定されていますので、
利用者としては胸を張って堂々と対処してください。

関連記事はこちら