というのには限界があります

人間の記憶、というのには限界があります。
例えば複数の女性とセフレになりたいと思っても、どの女性がどんな女性でどういった事が好きか、なんて覚えるのは至難の技です。
複数の女性とセフレになりたい時や、どうしても気に入った女性を自分のモノにしたいと思った時は、相手の情報を整理して、管理する、という方法を取った方が上手くいきます。
つまり、女性の情報をデータベース化して、管理するのです。
性格や、趣味、好きなもの、また、不安に思っていることや将来についてなどの情報を収集し、データとして残して管理すれば、出会い系で知り合った相手をセフレにしたいときなどに、セックスまでに持ち込む為の作戦を立てる材料として役立てる事が出来ますし、また、相手の気持ちをコントロールすることさえも出来るのです。
アプローチというのはとにかくすれば成功するというものではありません。ある程度作戦を立てるのと立てないのとでは成功率が全然違うものです。
もちろん、慣れないうちは上手くデータを利用する事が出来ないかもしれませんが、慣れてくればこんなに使える材料は無いのです。
特に複数のセフレを抱えている時などは、女性の情報がごっちゃにならないようにしなくてはいけない為、データベース化しておいた方が何かと便利なのです。逆に言えば、複数のセフレは女性の情報を上手く管理管理する事が出来れば持てるのです。
相手に会う前にざっとデータに目を通しておくだけでも役立ちますし、女性の性格からセックスの仕方を導き出して適応する、何て事も出来るでしょう。

関連記事はこちら