ユーザー自身の問題

出会い系サイトとは、読んで字のごとく、「出会いを欲する人が利用するサイト」であることは間違いありません。
しかし、出会えるか否かの大きな分かれ目は、サイト自体の善し悪しはもちろんですが、最終的にはユーザー自身の問題ということになるといわなければなりません。
どういうことかというと、おそらくご存知のことと思いますが、ネット上にある出会い系サイトの数というのはほぼ「無数」というほどの量です。
ですから、当然役に立つサイトもあれば、その逆にまったく出会いなどありえないようなひどいサイトも事実存在するのです。
それを選択するのはユーザー自身なのですから、最終的にはユーザー本位ということになるでしょう。
ですから、出会い系サイトを利用する際にこころがけておきたいことは、「出会いをサイト任せにしてはいけない」ということです。
出会い系サイトは、あくまでも出会いをサポートするためのサイトであって、出会いを約束する性質のものではありません。
ですから、サイトの選定から本気で取り組まないと、女性との出会いなど夢のまた夢であると考えるほうがよいでしょう。
サイト選択の際に問題になるのが、有料サイトか無料のサイトか、という点です。
いろいろな意見が聞かれるところですが、個人的な意見を言えば、無料のサイトでも十分利用できるはず、ということになります。
これはつまり、有料のところでもいい加減なサイトはいい加減ですし、無料のところでもしっかりしたところはしっかりしている、ということを表しています。